加齢臭

女性も油断禁物!30代から始める加齢臭対策

油断大敵!女性の加齢臭
「加齢臭」という言葉はみなさんご存じだと思いますが「加齢臭=オヤジ臭」というイメージを持っていませんか?

世間の認識としては女性の加齢臭はあまり気にされていないようです。
これまでは男性のものと思われがちだった加齢臭ですが実は女性にも加齢臭はあります。

そんな加齢臭を女性からの目線で少し調べていきたいと思います。

そもそも加齢臭とは?

加齢臭はその名の通り「加齢と共に強くなる臭い(体臭)」のことです。

元々は2000年に資生堂が発表した「中高年特有の体臭」のことです。
「加齢臭」というネーミングも資生堂のものです。

そしてこの加齢臭の特徴的な成分は「ノネナール」というもので皮膚の脂肪酸、過酸化脂質などの増加や分解により生成されます。

40代から少しずつ臭ってくる

さて、そんな加齢臭ですが基本的には男女関係なく発生します。
イメージと日常の生活スタイルなどから男性の方が臭い易い状況が多いのですが女性も同じように発生します。

臭いは生活習慣の影響を大きく受けます。
以下のような嗜好や生活習慣の影響が多く見受けられます。

  • 肉類を食べることが多い
    動物性の脂肪は加齢臭を増加させます
  • タバコを吸う
  • 深酒が多い
  • 運動不足で普段汗をかかない
  • 睡眠不足
  • 過度のストレスを抱えている

ただし、後述しますが女性の場合にはこのノネナールによる加齢臭の発生が50代頃からが顕著なっています。
それまでは比較的ホルモンの関係などで抑えられていますが女性の加齢臭は50代から多く臭うようになってきますので注意が必要です。

加齢臭のにおう場所と予防

加齢臭は基本的には全身のどこからでも出ていますが特に臭いの強い場所はいくつかありますので場所とそれぞれの予防について調査していきます。

頭からでる加齢臭

頭の臭いは大きく分けて毛髪についた臭いと頭皮の臭いにわけられます。
毛髪は臭いが付きやすく生活の中でどうしてもついてしまいます。
ただし、その付いた臭いを放置することで臭いを増してしまうこともありますので注意が必要です。
また、髪の毛が痛んでいるときには毛髪に臭いが付きやすくなります。

頭皮からの臭いの原因と対策

頭皮からの加齢臭はフケが原因になることが多いようです。
頭皮からハガレおちたフケが時間が経つにつれて雑菌が繁殖し臭い出すというものです。

普段から湿っぽいフケ(脂性フケ)が出ていると感じる人は雑菌が繁殖しやすい体質といえます。

頭の臭いが強い場合には枕の状態を良くすることも効果があります。

  • 枕カバーを毎日洗う
  • カバーを毎日洗えない場合はタオルなどをまいて使用する。
  • シャンプーで頭の状態を改善する

    正しく洗髪することによって改善できることもあります。

  • シャンプーの前にお湯で汚れをよく洗い流します。
  • 市販のシャンプーは成分が強く頭皮を流してしまうものもある。
  • 自分にあったシャンプーを捜していく
  • シャンプーの基本は1日1回
  • また、生活習慣によっても改善できることもあります。

  • 脂性のフケが多い場合は食生活で脂っこいものスナック菓子などを節制する
  • アルコールの摂取を減らしていく
  • 脇から臭う加齢臭

    脇からの臭いは通常の汗による体臭やワキガの臭いなどもありますから一概に加齢臭と決めることはできません。
    しかし、どんな臭いであっても体臭は防いでおきたいです。

    脇の加齢臭対策も体臭やワキガの対策と同じように汗をかいたらこまめに手入れをすることです。

    また、食生活については質素な料理を基本として脂肪分を含むものを食べ過ぎないことです。

    女性の場合は脇毛を処理していることが多いので男性に比べ雑菌の繁殖という面ではまだ良いかもしれませんが必要に応じて脇パッドなどを使用して汗をとどめるようにしておきましょう。

    足からに負う加齢臭

    足も同じく加齢臭だけでなく臭いの多い場所です。
    特に女性の場合は冬場にブーツなどの臭いを気にされる方が多いでしょう。

    足の裏は特に汗をかきやすい場所です。
    汗はやはり最初は無臭ですが靴の中などは高温多湿の雑菌が繁殖しやすい環境ですから注意が必要です。

    足の臭いを予防する方法

  • 毎日同じ靴(ブーツ)をはかないようにする。
  • 通気性の良い靴を履くようにする。
    →天然皮革
    →あまり足先の細くない靴
  • 混紡の靴下をはく
  • また、他の体臭問題とどうようですが食生活を見直すことも足の臭いを改善する手段のひとつです。

    女性も油断禁物な加齢臭

    本来、加齢臭は男女の別なく発生するものです。
    加齢臭は男性のイメージがありますが女性にもあります。

    ただし、女性の場合は少し遅れて臭い出すことが多い用です。
    男性は40代が加齢臭のピークですが女性の場合は50代が加齢臭のピークだと言われています。

    女性は男性とは異なり体内の活性酸素が比較的少なめ、女性ホルモンによる加齢臭の抑制などにより40代半ばから加齢臭が出てくることが多いようです。

    特に閉経後に女性ホルモンの分泌が減少するとその加齢臭はより多くなります。

    女性の加齢臭は頭から臭い出すようです。

    頭が臭いからと言って1日に何回も洗うのはNGです。
    また、髪が長い人は洗髪後に自然乾燥は避けた方が良いです。

    生乾きのままでいると雑菌が増えてしまいます。

    小鼻の臭いにも要注意

    他に注意しておきたいのは臭い出すのは小鼻と後頭部の後ろです。

    小鼻はやはり洗顔を多くすると皮脂を取り過ぎてしまうので1日1回が良いでしょう。
    また、ゴシゴシと強くこすってしまうのはNGです。

    よく泡立てて優しく洗います。

    日常的に小鼻のケアをするには濡れタオルで浮いた皮脂を少しずつ拭き取るのが良いでしょう。

    後頭部から耳の後ろに臭い

    男性と共に加齢臭の臭いといえば後頭部から耳の後ろの部分です。

    実際には加齢臭に似た「ミドル脂臭」もこの辺りから発せられますので両方の臭いに注意しなくてはなりません。
    また女性の場合には40代半ばから臭いがキツくなります。

    30代から始める!体内からの加齢臭対策

    男性も女性も30代から少しずつ生活習慣を改善することで臭いを抑えることを意識していきましょう。

    これだけ全て解決するわけではありませんが体臭を抑えると同時に生活習慣を整えることで体調管理もできるようになり一石二鳥です。

    生活習慣の改善

    基本的には生活習慣病の防止として言われているような項目がならびます。

    可能であればタバコはやめる

    タバコは生活習慣としてはよくありません。
    ストレスを解消するなどの目的で吸うことは否定しませんが加齢臭以前にタバコの臭いは嫌われる傾向にあります。

    ストレスを受け流す

    トレスは万病の元となります。
    ストレスを抱えることで臭いがキツくなることも分かっています。
    簡単なことではありませんがストレスを受け流すメンタルも鍛えていきましょう。

    適度な運動で良い汗をかく

    汗をかくと臭いがキツくなると思われがちですがウォーキングなどの軽い運動で良い汗をかくことで皮膚の老廃物が流されていきます。
    運動後のシャワーなどのケアをしながら良い汗をかきましょう。

    深酒はしない

    少量のアルコールは活性酸素の働きを抑えますがお酒の量が増えることで逆効果になります。
    アルコールを赤ワインにすることで抗酸化作用を持つポリフェノールを摂取することができます。

    食生活の改善

    食生活も体臭だけでなく様々な面から年齢を重ねてくると重要になってきます。

    食事を変えることは手間もかかることなのです少しずつでも意識をしながら変えていきましょう。

    抗酸化作用を持つ食べ物を摂る

    ビタミンC、Eやカロチンなどは抗酸化作用がありますので摂っていきましょう。
    ビタミンCを多く含む食品

    ビタミンEを多く含む食品

    また、食事で摂りにくい場合にはサプリメントなどの補助食品を使うことも良いでしょう。

    肉類を控えめにする

    日本の欧米化が進むにつれてこの体臭問題が話題になるようになりました。
    肉類などの動物性脂肪をとることで体臭がキツくなる傾向にあります。

    時には美味しいものもいいですが普段はなるべく質素な食事を心がけると良いでしょう。

    魚を上手に摂る

    魚に関しては古来より日本人は「魚」を摂ってきました。
    実際、体臭に関して言うなら肉類を多く食べるのであれば魚を摂った方がよいのは事実です。

    ただし、魚にも種類があり脂ののった魚ばかりを食べ過ぎると肉とあまり変わらなくなってしまうと言うこともああります。

    魚自体が内臓で臭い出すということもありますので魚が良いからといいってそればかりになるのも厳禁です。
    バランス良くとって肉類は控えめにというのが良いでしょう。

    女性の加齢臭対策のまとめ

    「女性の加齢臭対策」といっても基本的な対応は男性と変わりません。
    ただ、男性と女性では加齢臭が出始める年齢も異なりますし臭う場所も少し異なってきます。

    女性の場合、脇の下などはきちんと処理されていれば後は汗の処理だけなのですが髪の長い女性なら頭皮などの臭いが強くなることが多いようです。
    特に後頭部のあたりなどは女性でも油断禁物です。

    日常生活習慣や食事に注意しながら頭部、後頭部の臭いケアをしていきましょう。