足の臭い

足が臭い!洗ってもクサい原因と対策

足がクサい原因と対策

加齢臭やミドル脂臭などは男女とも分泌していますがどちらかというと男性の方が臭いがキツいようなイメージがあります。

もちろん体質的なものもあるので女性でも男性よりキツい人もいますし、逆に中年の男性でも体臭がないひともいます。

一方、足の臭いや靴の臭いなどは場合によっては女性の方がキツいことがあります。

また、更に子供の足はなぜかものすごく臭います(笑)

そんな足の臭いに関して調査していきましょう。


洗っても足が臭い原因とは

毎日、足を洗っている人でも一日外で仕事をしたり学校などに行ったりして家に帰り靴を脱ぐと……

時には自分の鼻を疑ってしまうくらいの臭いを発するときがあります。

もちろん、冬のブーツなどは臭いやすいのですがそれにしても臭うときがあります。

パンプスはそれほど臭わないような感じがしますがそれでも臭いのキツい時があります。

そんな臭いを気にして足をよく洗いますが実際には臭いがあまり取れないことがあります。

足が臭い原因とは

足が臭いのはやはり汚れが一番の原因です。

汚れの種類は汗や垢、ホコリ、古い角質などです。
そしてその汚れが分解することで臭い出します。

足の裏は誰でも汗をかきやすい場所です。

足の裏だけでなく指の間、爪の中など様々な場所から臭います。
また、靴下やストッキングなどをはいた上に靴やブーツを履くわけですから蒸れもかなりのものです。

靴の中や靴下の中は実際に細菌が繁殖しやすい高温多湿の状態となり他の場所に比べ格段に臭いがきつくなる場所と言えるでしょう。

子供の足はなぜくさい?

子供の足はとにかくクサい(笑)

もちろん臭くない子もいますが、男の子でも女の子でもとにかく足の臭い(靴の臭い)はかなりのものです。
特に小学生や中学生になってくると足の裏の汗の分泌が多く、すぐに靴の中が細菌だらけになります。

本来なら毎日でも洗いたい靴ですが連日酷使することで靴自体にも臭いが付くので悪循環な状態となります。

子供の足がクサいのは新陳代謝が活発な証拠ですから悲観することもできません。
また児童や学童は体温も高いために足の体温も高くやはり靴の中が高温になります。

また、大人も同様ですが同じ靴をはき続けることで更に雑菌が繁殖しさらに臭いがキツくなっていきます。

足が臭い女子は嫌われる!?

一見、素敵な女性でも靴を脱いだ瞬間に足が臭い出したらショックですよね。

OLさんは足が臭い?

これはOLさんに限ったことではありません。

女性の場合には女性ホルモンが皮脂や汗などをきっちり抑制しているために臭いが抑えられている人もいます。

しかし、生活習慣が乱れてしまったり、ストレスなどで臭いを増してしまうこともあります。

特に加齢臭と同じく女性ホルモンが減少する40代半ば辺りからは足の臭いもキツくなっていきます。

足が臭い原因はパンプスにあり!?

女性の履く靴も男性の履く靴も同じように臭います。
ただし、パンプスは女性の仕事靴のようなものですから履いている絶対的な時間が長いので臭うことも多くなります。

また、パンプスの素材が人工皮革の場合は通気性があまり良くないこともありますので蒸れることも多くなります。
また、わずかですが前方に体重がかかることも多くなるのでより先端に汗をかきやすくなります。

実際は冬場のブーツも同様に密閉した状態になりますから臭うことが多いです。

もちろん男性の革靴なども臭うことが多いのですが男性の「オヤジ臭」のようなものはイメージ通りなのであまり騒がれないと言うことでしょうか。

なぜか女性の足が臭いとイメージがかなり下がるのも事実かと思います。

ということでパンプスが臭いと言っても実際には靴は全て同様に臭う可能性はあるのです。

パンプスの臭いを防止する方法

実際にパンプスが臭ってきたらどのようにしたら良いのでしょうか。

パンプス同様に靴全体で同じように管理することで臭いは抑えることができます。
日常的にできるのは「靴を清潔に保つこと」です。

靴の臭いを抑えるためには「清潔」な状態を保ち、脱いだら速やかに「乾燥」させて「脱臭・消臭」をすることです。
具体的に見ていくと次のような感じになります。

  • 足を清潔に保つ。
    足を洗う際に爪の間や足の指の間も意識的に洗う。
    足の爪は適切な長さに維持する。
  • ミョウバン水 などを作って使用してもいいですね。
  • 靴下をこまめに変える。
    OLさんなどは難しいかもしれませんが子供などには有効です。
  • 中敷きを使う。
    中敷きには消臭や抗菌、通気性を持ったものなど多様にあります。
    また、パンプスならクッションのあるもので足の裏の角質化を予防できます。
  • 同じ靴は毎日はかない。
    数足の靴を交互に履くのが理想できです。
  • 脱いだ靴は乾燥させる、陰干しする。
    できれば靴箱直行は避けたいところです。
    乾燥剤などを入れておいても良いでしょう。
    乾燥剤はお菓子などに使われているものでOKです。
  • 靴の消臭・除菌アイテムを利用する。
    市販の靴用スプレーを使用してもいいですが高価ですから綺麗な10円玉を靴に数枚入れておいても消臭効果が期待できます。

洗っても足が臭い原因と対策まとめ

足の臭いは女性だけでなく男性でも気になるところです。

日本では靴を脱ぐ場所や習慣がありますから欧米以上に気を使っておく必要があります。

汗や体臭とともに足の臭いも大きな悩みになることがあります。

まずは簡単なことでも効果があることはたくさんありますから少しずつ実践してみてください。