ワキガ

ワキガの原因は遺伝体質だった!

わきがは遺伝?

もし、あなたの旦那さんがワキガだったらどうしますか?

実際に私の場合は旦那がワキガ予備軍です。

ワキガは体質ですけれどもその生活習慣や食べ物などもにおいに関係があるように思います。

そんなワキガの原因を今回は調べてみました。

ワキガの原因は生活習慣?

ワキガとは脇のにおいが他の人よりも少しある状態です。

多くの場合は敬遠されがちで本人も精神的に大きなストレスになることがあります。

ワキガというと生活習慣から不潔にしているとか食べ物のにおいからなどと思われがちです。
もちろん不潔にしてしまうと臭うことも多いでしょう。

多くの場合は生活習慣だけではどうにもならない部分だったりします。

ワキガの原因

脇から出る汗には2つの種類があります。

その2つの汗は異なる汗腺から分泌されます。

ひとつは「エクリン腺」から分泌されるもの、もう一つは「アポクリン腺」から分泌されるもの。

この2つは働きも分泌される成分も異なります。

エクリン腺とは

エクリン腺とは全身のほとんどの場所に存在しています。

大きな目的は体温調整の目的があり暑さや運動などで体温が上がった時に体温を下げるための汗を発します。
この汗の成分はほとんど水分で透明で比較的サラッとしていてにおいはありません。

アポクリン腺とは

一方、アポクリン腺は脇の下をはじめとして耳、乳輪、陰部など毛の生えている場所にあります。

そして、その部分から分泌される汗は様々な成分を含んでいます。

その成分は脂質、アンモニア、鉄分、タンパク質、糖分などでエクリン腺からのものよりも有色で少ししっとりしています。

このアポクリン腺から分泌された汗こそがワキガの原因となる汗なのです。

ワキガのにおいを強くしてしまう原因とは?

先ほどの「アポクリン腺」から分泌された汗は分泌された時は基本的に無臭です。

しかし、皮膚の細菌などに接することによって酸化、分解されます。

そして次第にあのにおいになっていくわけです。

この脇に滞在し、わき毛などの中で蒸気化された汗はどんどんにおいを増していきます。

このアポクリン腺の数が多いほど分泌される汗も多くなるためにワキガということになっていきます。

ワキガは体質によってなるのでしょうか?

ワキガは体質によるものでしょうか。
上記でも説明した通りワキガの人はアポクリン腺の数が多くそこから分泌される汗の量が多くなり臭ってきます。

このアポクリン腺の数は遺伝的な要因だと言われています。


すなわち遺伝的体質的なものです。

とは言え、本当の意味での遺伝的要素は50%程度です。両親が2人共ワキガ体質の場合は80%程度となりますが。

そうなるとワキガのお父さんからワキガを息子が引き継ぐのも納得せざるを得ません(笑)

ただし、同じように先ほども述べましたがアポクリン腺からの汗も最初はにおいがほとんどありません。

このことを踏まえると対応の方法が何かあるように思います。

これから少しずつワキガの原因と対応、治療について調べていきます。

そしてワキガ体質の旦那と息子のにおいを少しでも防ぎ幸せになりたいと思います。

(注)

とは言っても本人たちは至って前向きであまり気にしていないようですが…