ワキガ

ワキガは治療できる!適切な病院の選び方

hospital
ワキガは治療できる!適切な病院の選び方

ワキガで悩んでいる人は多いと思います。
しかしながら、実際に病院などを受診したことがある人はそう多くないようです。

ワキガは「腋臭症」という病気の一種です。
病気というと大げさに感じるかもしれませんが体質的な部分でも改善の余地はあります。

病院に通うことで改善したり治療することもできますからぜひとも一度受信することをオススメいたします。

とは言え、何科を受診したら良いのか悩みますよね。

どんな病院を探したら良いのかご紹介しておきます。

何科を受診したら良いのか?

ワキガの場合、手術をするかしないかも関係しますが後々に手術をするようであれば「形成外科」の範疇になります。
ただし、形成外科がいちがいに良いとも言いがたい部分もあります。

あなたのにおいの程度によっては特に手術などを必要としないことも多くあるからです。
形成外科であまりにも簡単に手術を勧めるようであれば少し見合わせたほうが良いかもしれません。

ワキガの治療には手術だけでなく保存治療やその人のにおいのレベルなどをきちんと見極める必要があります。

逆に皮膚科などでもワキガの知識の深い医師がいることがあります。
まずは保存療法や体質改善などから試してみて本当に手術の必要があれば信頼の置ける手術のできる形成外科を紹介してくれることでしょう。

手術をするか?しないか?

「ワキガの手術」と聞くと誰もが驚くかもしれません。

しかし、臭いについては本人としては深刻なことが多く、その臭いの原因を除去できるのであれば手術をすることも辞さないという人も多くいます。

手術には幾つかの方法がありますが気をつけなくては行けないのは手術をしたからといって必ずしも臭いがなくなるとは限らないことです。

また、いきなり手術をするよりも保存療法などでの治療や精神療法、生活改善などを行ってからでも良いのではないでしょうか。

簡単なことでも生活習慣で改善することもありますし、自分の体質や臭いに合ったデオドラント製品を選ぶことで改善することもあります。

信頼のおける医師をであったなら手術の必要性をよく相談してみてください。

治療にかかる費用に保険は適用できるのか?

ワキガの治療に関する費用は基本的には健康保険で適用できます。

皮膚科などであればもんだいありません。

手術においても基本的には保険適用ができますから個人の負担はそれほど多くはならないでしょう。
剪除法などでは総額15万円〜30万円程度が多いようですので保険適用で4万円〜10万円程度が負担額となるでしょう。

また、ボトックス注射はその内容にもよりますが1回5万円〜10万円程度で保険適用となれば1万円〜3万円程度の負担額となります。

逆に保存療法などのデオドラント剤などの処置は基本的に医療行為ではないために保険の適用はできません。
実費での購入費用が必要となってしまいますがそれでも手術などの手法に比べて比較的安価に済ませることが可能です。

適切な病院の選び方

実際にご自身で保存療法を行うのか手術を行うのかを決めることは難しいでしょう。

ワキガや体臭のへの対応は様々な方法があります。
デオドラント剤などで行う保存療法という比較的簡易的な対応から手術まで。
それぞれにメリットとデメリットがあります。

そのメリットとデメリットをきちんと理解したうえで処置を行うことがよいでしょう。
そのためにはまず状況を相談でき、自身の標榜とは異なっていってもあなたの状況と治療方法のメリット、デメリットをきちんと把握し説明してくれるような医師が信頼に値するでしょう。

安易に手術を勧めるような医師はいまどきあまりいないとは思いますが避けたほうが良いでしょう。

客観的に臭いを判断でき、様々な処置について相談できる医師の存在が重要となります。