体臭全般

汗をかく仕組みと臭いの関係について

汗をかく仕組みと臭いの関係について
人は汗をかきます。
そしてその汗は臭いの元となります。

古来、その臭いはフェロモンとして異性を惹きつけるためのものであったり仲間同士の確認に役だっていました。

しかし、現代においてはその臭いは敬遠され人はなるべく無臭の方が好まれるようになっています。
(もちろん、好みはありますが香水などの「良い香り」は一般的には好まれます)

そんな臭いの元となる汗には2つの種類があります。
その種類の違いは汗を生み出す汗腺の違いとなります。

汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」がありそれぞれ役割が異なっています。

エクリン腺とアポクリン腺からでる汗の違いは?

エクリン腺は全身にまんべんなく存在しています。
目で見て確認することはできませんが1cm四方に100個以上存在します。

エクリン腺から出る汗の99%以上は水分でできています。
残りの成分は塩分、アンモニア、尿素などが混ざっていますがサラッとしていてほとんど臭いはありません。

また、エクリン腺から分泌される汗は酸性で臭いの元となる雑菌が繁殖しにくくなっていますので臭いを抑える汗とも言えます。

一方、アポクリン腺は体の限られた場所に存在します。
もっとも多いのは脇の下です。
このアポクリン腺からの汗が「ワキガ」の原因となる汗です。

また、人によっては性器付近にも多いこともあるためにその場合には「スソワキガ」と呼ばれこれもまた特徴的な臭いの元となります。

アポクリン腺が臭うのはエクリン腺の汗と異なり、タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などの多くの成分を含みます。
その代わりに塩分をほとんど含まないので臭いの元となる菌が繁殖しやすくなります。

また、この2つの汗腺の他に皮膚を柔らかく湿潤に保つ皮脂腺というものがあります。
この皮脂腺から油脂成分の分泌物が出ると汗の臭いが非常にキツくなります。

この場合には元々臭いの少ないエクリン腺からの汗でさえも臭うようになってきます。

この皮脂腺の働きは動物性の脂肪を多く摂取すると活発になりますので臭いの気になる人は動物性脂肪の摂取に気をつけた方が良いでしょう。

エクリン腺の3つのはたらき

エクリン腺から分泌される汗は大きく3つに分類されます。

温熱性発汗

ひとつは「温熱性発汗」です。
これは一般的に考えられる汗をかく仕組みそのものです。

暑いとき、運動をしたときなどに体温を調整するためにかく汗です。
汗は全身のから出ます。

精神性発汗

これは手のひらや足の裏などにかく汗のことを指します。

よく「手に汗にぎる」と言いますがこれは緊張状態を示す例えですがまさしく緊張したときや驚いたときなどに分泌されます。
驚きや不安感などからでる「冷や汗」もこの精神性発汗の一種です。

味覚性発汗

これは辛いものや熱いものを食べたときにでる汗です。

この場合は汗は顔付近から首にかけて出ます。
よく辛いものを食べて汗が出ても顔だけで体はそれほど汗をかかないということはみなさん経験済みでしょう。

アポクリン腺のはたらき

アポクリン腺はエクリン腺との存在意義が全く異なります。

エクリン腺の汗は生理的なものが多く「理由のある汗」だったのですがこのアポクリン腺からの汗は「臭いのある汗をつくること」です。
本来の汗の機能である体温の調節という意味合いのものではありません。

動物なども特有の臭いを発し個体を識別し、仲間を認識したりします。
また、異性への求愛にもこの臭いを利用する動物も多く存在します。

もちろん人間も元々は同じなのですが進化の過程で衣類の着用や住環境の変化により体毛が退化していきました。
その体毛の根元にあるアポクリン腺も同時に減っていきました。

そして、脇の下や陰部などの限られた場所にだけ残ったと言うことです。

本来、臭いを作るための汗腺ですから当然臭うわけです。

ですから「なるべく汗をかかない」というような行動はあまり得策とも言えないでしょう。
しかし、臭いの元である脇の下などの汗については制汗剤などを用いて抑えるというのが適切な処理と言えるでしょう。

まとめ

汗をかく仕組みはあまり詳しくは知られていないかもしれません。

「臭うから」というだけの理由で必要以上に汗をかくことを嫌ったり、水分の摂取を制限することは必ずしも臭いの抑制にはならずかえって臭いを増幅させることもあります。

また、夏場や運動時に適切な水分補給をしないと熱中症などの弊害もあります。
汗をかく仕組みを理解し適切な処置をすることで臭いを抑制することがよいでしょう。

「臭い対策」に関する記事も書いています。
脇汗や臭いの原因と正しい対策について – ヘルスケアトピックス