ワキガ

ストレスもワキガの原因になるということ

ストレスもワキガの原因に!?

ストレスもワキガの原因になるということ

ワキガの原因はいくつかあります。
アポクリン腺の大きさや数によるところが大きいのですが、そのアポクリン腺からの汗の分泌を増加させる要因のひとつに「ストレス」があります。

ワキガの原因

ワキガの臭いの原因はアポクリン腺からの汗です。

アポクリン腺は脇の下や耳の穴の中、陰部などに多く存在しており、そのアポクリン腺から分泌される汗がワキガの原因となる汗です。

アポクリン腺からの汗は脂質やタンパク質、糖分、鉄、アンモニアなどを含んでおりその汗が脇毛などの中で臭いを発するようになります。

アポクリン腺からの汗や臭いを増幅させるもの

アポクリン腺からの汗はすぐには臭いません。

対策としてすぐに汗を拭いたり、デオドラント製品を使用したりすることが良いのですが、そういったことを行わずに時間が経過すると臭いを増幅させてしまいます。

アポクリン腺からの汗は皮膚のわずかなブドウ球菌やグラム陰性桿菌(いんせいかんきん)と呼ばれる常駐菌により酸化分解され臭いを増幅します。

この汗をかいてから臭いがきつくなるまでの時間はおよそ1時間だと言われています。

アポクリン腺からの汗の分泌

このアポクリン腺からの汗の分泌は通常1日に1回もしくは2回程度しかありません。

夏の暑さやスポーツの際にでる汗のように流れるのはエクリン腺と呼ばれる汗腺からの汗でこちらはほとんど臭いを発しません。

このアポクリン腺からの汗をイレギュラーに増幅させてしまうのは精神的な緊張や性的な刺激によるものだと言われています。

すなわち日常的に緊張するようなことが増えるとアポクリン腺からの臭いの原因となる汗が通常よりも多く分泌されることになり、結果として臭いがきつくなります。

結果としてストレスはワキガの臭いを増幅する

昔からよく言う「冷や汗」というのはこのアポクリン腺からの汗を指すようです。

緊張や驚いた時に出る汗はアポクリン腺を刺激して分泌されるものでそのままでいると臭いのもとになる汗なのです。

ストレスが原因でワキガの臭いがきつくなってしまうというのはそういったことが原因なのです。
ストレスはさまざまな病気の原因となることがわかってきています。

またストレスはワキガ臭だけでなくさまざまな場面での体臭に影響があるとも言われています。

通常食べ物は胃で酵素ペプシンという成分により分解されますがストレスがかかるとこの酵素ペプシンが分泌されずに消化が妨げられたり、逆に空腹時に酵素ペプシンが分泌されたりと胃の調子も自覚できるような状況になってきます。

ストレスで胃がやられるというのはこういったメカニズムも原因の一つです。

この状況で胃の調子が悪くなってくると口臭や排泄物の臭いなどがきつくなり体臭も臭うようになってきます。

ストレスはワキガ臭を増幅させ体臭も強くする作用があります。

現代病とも言える「ストレス」は「万病の元」ということもできますから極力ストレスのかからない生活が望ましいでしょう。
(難しいと思いますが…)