体臭全般

体臭がキツくなる!?ストレスと免疫力の関係について

ストレスで体臭がキツくなる!?

現代社会はストレス社会だとよく言われます。

ストレスが体に与える影響も広く知られてきています。
このことは体臭に関しても同じでストレスを多く抱える人は体臭がキツくなる傾向があるようです。

「病は気から」の言葉通りストレスを抱えることによる病気リスクも認知されてきており日常的な生活をいかにストレスなく過ごすかが重要です。

ストレスによって内臓の様々な部位が弱って免疫力が低下してきます。
結果、体臭や口臭などにも大きな影響を及ぼすようになります。

また、そのことで自己臭症や精神性発汗を引き起こすこともありますので注意が必要です。

ストレスによる内蔵機能低下

「病は気から」という言葉が昔からあるように精神的なことで病気になるということは実際にあります。

特にストレスによる体調不良は深刻で精神的に追い込まれるだけでなく内臓などの機能も低下することもあります。

体調不良は自律神経の乱れから始まります。
自律神経の乱れは悩みや緊張、疲労、睡眠不足、寒さや騒音などが原因となり交感神経と副交感神経のバランスが崩れ免疫力が低下し体調不良を引き起こします。

ここではストレスと関わりの深い内臓やその機能低下による体臭について調査していきます。

胃の不調による影響

ストレスによる体調不良の象徴とも言える「胃痛」
胃の不調により体にはどんな影響があるのでしょうか。

「胃」はまず最初に食べ物がたどり着く内臓です。
胃では食べ物を胃液で溶かし、栄養の吸収を行う準備をします。

胃では基本的には栄養の吸収は行われませんが最近などを胃酸で殺菌したりする機能もあります。
この胃酸とのバランスが崩れると胃痛の原因にもなります。

また、ストレスにより胃の機能が低下するとうまく消化できなくなります。
食べ物が正常に消化されないこととなり胃に滞留し硫黄臭(卵の腐ったような臭い)がする原因となります。

消化を助ける食品

胃の不調は消化不良からくるものが多いようです。
消化を助ける食品はおかゆやうどんのようなものからバナナ、リンゴなどのフルーツ、魚なら白身、肉ならささみや挽肉。

また、牛乳などは少し温めて飲むのが良いでしょう。

腸の不調による影響

腸も重要な役割を担う内臓です。

胃から送られてきた食べ物の栄養を吸収したり水分を吸収したりする場所です。

腸は胃と同じくデリケートな内臓でストレスの影響により「便秘」になったりします。
時には食べ物や水分とのバランスで下痢になったりと体の免疫細胞の6割が「第二の脳」とも言われる腸に存在します。

そんな腸が機能低下し特に便秘になると食べかすが町内で腐敗・発酵しアンモニア臭や便の臭いにも似た体臭が漂うようになります。

また、口臭にも影響を及ぼします。

便秘を解消する食品

便秘ぎみの腸の調子を整えるには食物繊維が良いでしょう。
ただし、食物繊維は胃の調子が悪いときには消化にあまりよくありませんからそれぞれの様子を見ながバランス良く摂るようにしていきましょう。

肝臓の不調による影響

肝臓は疲労と密接に関連しています。
肝臓では細胞内のミトコンドリアがエネルギーを作り出しています。

そして、疲労物質とされるアンモニアの分解も肝臓の重要な役割のひとつです。

その肝臓が疲労してしまうとエネルギーが作り出せず、疲労物質を分解できないという状況に陥り全身の疲労に繋がります。

もちろん他の内臓でもそうなのですがこの肝臓においては特に全身との関わりが深いといっていいでしょう。

しかし、肝臓は「沈黙の臓器」とも言われその疲労を直接感じることがあまりありません。
気がついたら肝臓を酷使しすぎていた、何てこともあります。

また、アルコールの分解も肝臓の大切な役割ですがこのアルコールの分解の負担が増えるとエネルギーの生成にも影響を及ぼすことがあります。

肝臓のサインは直接的ではありませんが全身の疲労感などを感じやすくなったら飲酒を控えたり、睡眠時間を確保したりと休息をとることも必要かもしれません。

また、肝臓が疲労するとアンモニアの分解が進まなくなるためにアンモニア臭が強くなります。
これは特に「疲労臭」と呼ばれることもあり体臭や口臭の原因となります。

疲れやすくツンとしたアンモニア臭を感じたら肝臓を労ってください。

肝臓にやさしい食品

肝臓の機能回復にはオルニチンという物質が効果的だと言うことはみなさんご存じでしょう。

オルニチンはシジミなどに多く含まれます。
シジミの他にはチーズに含まれます。

また、ヒラメ、キハダマグロ、エノキタケなどに含まれますので意識的に摂るようにしていくと良いでしょう。

また、このオルニチンを効果的に摂取できるサプリメントなどもオススメです。

ストレスと免疫力についてのまとめ

いくつかの代表的な内臓の疲労による機能低下について調査をしてきました。

内蔵機能の低下は免疫力に影響を及ぼし様々な病気を誘発する一因にもなります。
総じて言えるのはバランスの取れた食事や適切な睡眠、ストレスをため込まないというポジティブ思考でしょうか。

いくつかの内臓機能についてはサプリメントなどの補助食品を上手に利用しながら栄養を補っていくというのも効果的です。

ストレスからの内臓疲労は体臭にも大きな影響を与えますから自身の疲労と内臓を労りながら日常生活をストレスなく過ごしていきましょう。